ポスティングのクレーム【今後投函しないで欲しい】

うちの従業員の家に投函されなかった

 

こちらのクレームは、実際ポスティングさせて頂いたあとにクライアント様より連絡頂いて判明します。
クライアント様の店舗周辺には従業員様やアルバイトのスタッフさんが多くいらっしゃいます。
そのお家に投函されていない場合は「うちには入ってこなかった」となり「本当に配布しているの?」といったことに発展する可能性がございます。

 

理由は2つございます。
1、ポスティング業者は世帯数の70%ほどの数字を投函可能数としている場合が多いため。
例えば1000世帯のエリアを700件配布可能です。っと説明をして受注するからです。
その理由としましては、人口が多いエリアほどマンションが多くあり、管理人様に配布を断られてしまう場合があるため、予め予定の数字を減らしてクライアント様に提示しております。基本的にはお預かりした広告が残らないように配布可能数を割り出しますので少しゆとりのある配布可能数のため広告は残らず配布出来ますがご指定されたエリアは1件も漏れなく配布していることにはならないため、その配布していないエリアに従業員様がお住まいになっているとこのようなご連絡をクライアント様から頂くようになります。

 

2、従業員様が直接ポストを開けて広告をチェックして頂ける場合は問題ないのですが、ご家族でお住まいになられておりますと、従業員様のご家族がポストを開けていらない広告は捨ててしまう場合がございます。そうなると従業員様が確認することが出来ないので「うちには入ってこなかった」っとなってしまう場合が稀にございます。